RSS
Admin
Archives

AQUA

体育の家庭教師アクアの公式ブログです!かけっこ塾・水泳の家庭教師・ピラティススタジオなど。

天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
プロフィール

株式会社アクア

Author:株式会社アクア

体育家庭教師アクアの公式ブログです。
★リンクフリー★
http://aqua045.blog61.fc2.com/

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
リンク
★アクア メルマガ★
アクアのメールマガジンです! リニューアル致しました! 各イベント情報やかけっこのコツなど更新してまいりますので興味お持ちの方は、どうぞご登録ください♪
お名前 ※
E-Mail ※
月別アーカイブ
RSSリンク
BGM
日本ブログ村ランキング
QRコード
QRコード
FC2カウンター
フリーエリア
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04
30
CM:0
TB:0
11:47
Category : かけっこ塾
そろそろ運動会が近いという学校も、多いのではないでしょうか?
今回は、石原コーチより(その2)4月26日に行ったレッスンより「足の裏の接地について」です。


run_coach.jpg


≪4月26日の練習内容について≫

わたくしの指導方針は、正確な走り方をマスターすれば必ず早くなるというのがモットーです。ですから、ただ走るためのプログラムをひたすら行うのではなく、走り方そのものを指導していきます。

まず、走り方で一番重要なのは、足の裏のどこで地面に着くかです。
つま先で地面に着くのはダメです。
進行方向に向かっていくことに対して、必ずブレーキになります。踵から着くのも同じです。これも完全にブレーキになってしまいます。

重要なのは、足の裏を地面に対してフラット(平行)に着くことです。非常に難しいかもしれませんが、土ふまずに近い部分で接地してください。
フラットに着くことで、体が前に行こうとする力をスムーズにさせます。また、足の土ふまず付近は足の裏の中でも一番敏感ですので、足が地面に着いたことをいち早く感知し、次の地面を押すという動きに入ることが出来ます。

4月26日のレッスンでは、この足の接地を徹底的に指導しました。生徒の足の裏を指でタッチして、この部分が最初に地面に着くように意識させます。また、接地する角度は、地面に対して90度が理想的です。自分の体の真下(重心)で着くことが理想です。

走るということは、足だけで行う運動ではありません。すべては体重移動によってなされるのです。
足を前に振り出して、少しでも前に行こうとすることが進行方向に向かっている体に対して、ブレーキになってしまう、この現象に陥る方が非常に多いです。
ですから気をつけなければいけないのは、地面にはフラットに着き、そのとき自分の体の重心で地面をキャッチし地面を前方へPUSH(押す)ことです。これらができればもう走りを完成させるための動きとしては70%はマスター出来てます!


【4月26日参加の方へ次回までの宿題】
1、縄跳び 前跳び 100回x5セット / 毎日
  気とつけるポイントは地面に着くときつま先から着かないで
  足の裏がフラットに地面をつくこと。

2、縄跳び 片足とび 各右左 20回x5 / 毎日

これだけ行っておくだけでも、他の人と差をつけることができます。
縄跳びは走りの早さに直結することを覚えておいてください。
きっとクラスの中で足の速い子は、縄跳びも上手だと思います。
ぜひ確認してみてください!

次回はスタートダッシュについてコメントしてみたいと思います。
なお、走りに関しての質問はいつでも受け付けます。メールにてご連絡頂ければ幸いです。


プロコーチ 石原



文字だけで伝わりますでしょうか…運動レッスン内容を文字でお伝えするのは難しいですね。この内容をコーチ直伝で体得したい方は、ぜひご参加下さい!
今回の内容は、4月26日のレッスンの指導内容ですが、もちろんこの回が初参加の方もいれば、2回目3回目の方もいらっしゃいました。
少人数教室ですから、レベルが様々の方がご一緒でもご心配なく。それぞれのレベルや体力に合わせて、指導内容は変化します。初回スタートはいつでもOKです。
次回開講は5月10日になります。運動会にもまだ間に合いますよ!
お申し込みの方は、お早めにご予約をお願い致します。
詳しくはこちらからどうぞ
スポンサーサイト
2008.04
26
CM:0
TB:0
20:21
Category : 未分類
こんにちは。AQUAの小倉です。

このところ、忙しい日が続きブログを更新できなくてすみませんでした
なるべく更新をしたいと思っていますので、今後もよろしくお願いいたします。

さて、タイトルのやったーいってみましょう。

春休中、たくさんのレッスン希望をいただき大変うれしく思っております。
その中の生徒さんで、小学校6年生のレッスンについてクローズアップさせて
いただきます。

内容は、小学校6年生のかけっこ指導。小学生としては最終学年となります。
その最終学年の目標は、
運動会のリレー選手に選ばれたい”と熱望しているとの
お問合せを受け、私(小倉)が春休み集中レッスンを実施いたしました。

先に結果として・・・・
4回のレッスンでなんと
リレーの選手に選ばれました。しかも、全体で2番目に早いタイム!
※去年の運動会のリレー選手の選考では、残念ながら選考から外れていました。
正直、僕自身もびっくり!驚異的でした。

この結果として練習内容(ドリル)が全てお子さんの走り方の矯正に的中
課題だったスタート、短距離走における中~後半の失速の改善。
身体的なメカニズムを小学生に分かり易く説明したことにより、自分の改善すべき箇所
が把握できたのもよかったと思います。
※レッスン前、後に同距離をタイム測定したところ2秒弱の短縮が結果としてありました。

ただ、上記の練習方法がよかたこともありますが、やはり一番の効果は
”絶対にリレーの選手になりたい”という強い意志だったと思います。
また、大変な練習にも一言も弱音を言わないで、最後まで私を信じて
練習を続けてくれたことを本当にうれしく思っております。

最後に
いち指導者として、短期的でしたが共に信頼関係を築き、目標に到達で
きたことを幸せに思う、今日この頃です。

それでは、よいGWを・・・

See Yah!!

2008.04
23
CM:0
TB:0
11:24
Category : かけっこ塾
最近、現在開講中のかけっこ塾についてのお問い合わせを多く頂戴しております。
どのような内容を指導しているのか?少しでもお伝えできればと思います。
今回は、かけっこ塾を指導していますインストラクター石原より、かけっこ塾の理念についてです。



run_coach.jpg

石原コーチが指導してます!


「走りについて」

皆さんは、かけっこ(スプリント)というと、単純に早い人は早く、遅い人は遅いというイメージがありますね。
しかし、これは全く別のことです。
スポーツの中で一番難しい競技が、短距離走ではないかと思います。
その短距離走で、いつも勝てている人は「もともと早いから?」
いいえ、そうではありません。
これにはちゃんとした根拠があります。

オリンピック100Mで優勝した選手は、偶然に勝者になったのではなく、トレー二ングによって必然的に、なるべくして勝利者になっているのです。

私のトレー二ングは、
かけっこは、もともと足が速い人や、偶然に勝つことができたのではなく、トレーニングによって勝つべくして勝ったという考えのもとで行われます。

だから今、足が遅いことに悩んでいる人は、今の問題点を正確に分析し、それに基づいて練習を行えば、誰でも速くなることはできます。そして、むやみに練習をするのではなく、何か悪く、何が正しいをきっちり理解することが非常に重要になります。
次回は具体的なポイントなどを書くことができればと思います。




以上、石原コーチからのメッセージでした!
かけっこ塾は、春と秋の開催です。最近は運動会が5月や6月に行われる学校も多いですからね、春秋開催の両方に対応出来ます。
かけっこ塾のスケジュールなどの詳細に関しては、アクアのかけっこ塾のページをご覧ください。
ご予約やご質問は、お電話か、メールにて承ります。
2008.04
19
CM:0
TB:0
17:32
Category : プール
こんにちは。 AQUAの小倉です。
みなさん、いかが週末をお過ごしでしょうか?

さて、プールシリーズ② さむい?始めたいと思います。

では、このタイトル さむい?ですが、プールの温度についてです。
みなさんが公共のプールにいく際の選択として活用していただければ幸いです。

大体の室内プールにおける水温は、通年を通して30℃前後。室温30℃前後だと思います。
(大体みなさんは、水温、室温を気になされて、プールにいくことは無いと思います)

この水温30℃は、水のカラダに対する熱伝導率でプラスマイナスゼロといわれています。
よって、水に浸かった際にすごく寒いと感じない水温とされております。

現在のスイミング事情としましては、泳ぐことは基より、ウォーキング、アクアビクスなど多岐にわたっていますので、できるだけカラダに負担のないような水温に設定されております。
(結構知ってるようで、知らないことだと思います)

では、それ以外の水温は、公共プールでは無いかというと結構存在します。
例えば寒く感じる国際プールは、水温28、29℃です。
これは、競泳の練習に対応するため多少冷たくなっております。(競技時は26℃)
そのため、皮下脂肪の少ない子どもたちは、長い時間入水しているとチアノーゼにかかりやすいです。できれば、プールに慣れていないお子さんを連れて行く際は、国際プール等は、慣れてからお連れになったほうがプール嫌いになる確立が少なくなると思います。

逆に暖かいプールはというと、こちらも存在いたします。こちらは、高齢の方、幼児の方の使用率が高い場合、そのような設定になっています。(温度は31、32℃)結構暖かく感じます。
よって、プールに慣れていないお子さんはコチラをお勧めいたします。

そんな視点でプール選びをなされてもよいと思います。

尚、弊社アクアでは、東京23区、区外、神奈川、千葉の公共プールのデーター全てを把握しております。また、インストラクターのネットワーク(使い勝手井など)もレッスンに反映するようにいたしておりますので、皆様に最適なレッスンプールもお探しできます。お気軽にお問合せいただければ幸いです。

尚、上記内容以外でさらに詳しくお知りになりたい方は、下記アドレスからご質問いただければ、回答させていただきます。

お問合せ先はこちらまで


それでは、良い週末を・・・

2008.04
18
CM:1
TB:0
15:51
Category : 未分類
こんにちはです。AQUAの小倉です。
今回のテーマは、お子さんいるお母様には必見です。

では、今回のテーマ”顔にスリキズつくっちゃたら!”いってみましょう!!

まあ、大体私たち年代の切り傷、スリキズの治療方法といったら、”なめておけば治る”とか”乾燥させろ。だからバンドエイドはなるべく貼るな”しいてはかさぶたにしっちゃたほうが良い。

などなどだと思います。昭和40年代生まれの私としましては、上記の感じです。
むしろ、これ以外知りませんでした。

じゃー今はつうと
結論から申しますとそんなじゃー痕のこっちゃうよ!てな感じです。

実は、ウチには娘がいるのですが、外で遊んでいる最中におもいっきりダイビングヘッドを実施してしまい、顔に500円玉ぐらいの深いスリキズを作成してしましました。

まー女の子なので非常に顔は大切です。そんなこんなで、かみさんはかなりの大慌て
一応救急法所持の僕としては”そんなの乾かせばなおるよ”のいい加減ぶり(笑)
この”ちぐはぐぶり”にかみさんは、僕をあてにできないと判断。

ソッコー専門病院、WEBなど必死に最善策を探しておりました。
結果、下記の方法が”傷が残らない最新の治療法”だそうです。

1、傷を作ったら、傷口を水できれいにします。(泥、砂利、石を完全除去)!

2、患部を消毒!

3、患部からじゅくじゅく出てきた体液はふき取らず、病院で処方していたける通気性のある特別なシート(粘着シート)を直接患部に貼る!

4、それ以外はすることなし  ”ただ貼るだけ”です。

まー注意することといったら日焼けと消毒ぐらいです。 簡単です!!
そーすると傷口はなんにもなかったの如くきれいになおります。これホントです!

なんでも、そのシートが不思議なものではなく、カラダから排出されるぐじゅぐじゅな液が傷をきれいに直してくれるそうです。
”乾かさないでぐじゅくじゅくなまま直す”が現代の最新の直し方だそうです。

この方法は、赤ちゃんのオムツかぶれにも効果テキメンです。是非試して下さい。
くれぐれもお医者様の検診を受けて下さいな。

そんでは・・・

2008.04
17
CM:1
TB:0
15:56
Category : プール
記念すべき”第1回ブログ”開始!!

はじめまして、AQUA 代表の小倉です。
このブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、このブログの内容は体育家庭教師の観点からみた現在のスポーツ・運動事情やAQUAのイベント情報を次々に発信していくつもりです。
なるべく更新していくつもりなので、今後とも宜しくです。

では、第1回目はこれからの季節がらプール(水泳)について、シリーズで書き込んでいきたいと思います。

<第1回目のテーマは、”走るな!!”です。>

テーマだけみると”プールサイドを走るな!”とイメージすると思います。まさにそおのとおりです。(笑)
が、しかし、この”走るな”はとても深いです。

私がプール(特に土、日)レッスンに行った際、保護者の方、監視員の方々がよく声を大にして子どもたちに注意を促します。”走るなーーーーー”です。だれでも一回は発言したことがあると思います。

それはそれで良いのですが(よくないか?)、問題は走っている子どもはどうなのかです。
私的にはこの注意のしかた”走るな”はノーです。

そもそも、子どもは何急いでいるのか分からないくらいプールで”走り”ます。
まさに、給食のお代わりを友達に負けてはならないぐらい走ります。(最近はあまりないか・・)

そう、なにを隠そう子どもはプールサイドを”走る”感覚、しかも転ぶことを眼中にありません。
しかも笑えるぐらいありません・・・

そんなとき”走るなー”と大声で注意された場合どうでしょう?
明らかにびっくりして転びます。これほんとです。かなり高い確率で。しかも床が濡れていたら確率倍増です。さらに調子が良い時、小さい子供は頭までご丁寧に打ってくれます。
とても危ないです。

それでは、そのような子どもたちの対応はどうしたら良いかというと

”歩こうね!”でOKです。これで大体落ち着いてくれます。
しかも、ご丁寧に競歩で落ち着きます。かなり笑えます・・・

では、きょうのおさらい
プールサイドを走る子を見たら ”歩こうね!”  実践してみて下さい。
競歩がみれます(笑)

こんな長くて続くかな ちょっと心配な小倉でした。

それでは!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。